自己破産のメリットとデメリット

自己破産のメリットは言うまでもありません。債務が免除され、借金がなくなることです。これにより新しい生活をスタートさせることができます。

所有不動産を手放すこと以外のデメリットは以下のようなものが挙げられます。

  1. 市町村の破産者名簿に記載される(一般人は閲覧できず、免責決定が降りれば抹消される)
  2. 官報に掲載される(一般の人が見る可能性は非常に低い)
  3. 公法上の資格制限(弁護士、公認会計士、司法書士、税理士等は資格停止)
  4. 私法上の資格制限(後見人、保証人、遺言執行者等になれない。法人役員の退任事由)
  5. ローンやクレジットを利用することができなくなる。

連帯保証人の返済責任は消えない

さて、上記を見る限り自己破産はメリットが大きく、デメリットが小さいように思われます。ただし、ひとつだけ知っておかなければならないことがあります。

借金に連帯保証人が付いている場合、裁判所の自己破産手続が終わり、債務が免除されたとしても、残念ながらそれは連帯保証人の返済責任には何ら影響しません。

従って債権者は保証人に対して取り立てをするようになります。

保証人になっているのは血縁者や友人などが多いものですが、たいへんな迷惑を掛けてしまうことになります。最悪の場合は、保証人も自己破産しなくてはならないかもしれません。これが自己破産における最大のデメリットでしょう。

自己破産の前に不動産の任意売却などを模索

デメリットが大きい場合は、自己破産の前に、所有している不動産の任意売却などで乗り切れないかどうか、専門家に相談してみることをおすすめします。

任意売却119番