自己破産は最後の手段、債務整理の種類

何らかの事情で借金の返済ができなくなった場合、債務整理をすることになります。

よく利用される債務整理には、「任意整理」、「特定調停」、「個人民事再生」、「自己破産」という4種類の方法があります。

任意整理とは

任意整理は裁判所を介さない債務整理の手続きで、弁護士等が債権者と交渉し、債務の減額、利息の削減、返済方法の変更などで和解をめざす手続きです。

あとの「特定調停」、「個人民事再生」、「自己破産」は裁判所を通して手続きする法的整理です。

特定調停とは

特定調停とは、簡易裁判所を介して負債を軽減する手続きで、「支払不能ではないが、このままだと行き詰まる」という債務者の経済的再生を図る手続きです。

個人民事再生とは

個人民事再生とは、債務者が預金や住宅などの財産を保有したまま、借金額を圧縮する制度です。

決められた返済額を3年から5年で完済すれば、それ以上の残債は返済を免除される仕組みになっています。

但し、次の要件に当てはまることが必要です。個人であること、住宅ローン以外の負債総額が5000万円以下であること、給与等の定期的な収入が見込まれること。

自己破産は最後の手段

法的整理の最後の手段が自己破産です。自己破産とは債務者が自分の経済力で借金を返済できなくなった場合に、最低限の生活必需品以外の全財産を処分し、それを債権者に公平に弁済することで、残りの借金を免除するという制度です。

以上が債務整理の主な方法です。

最近よく見かける「収入が減って住宅ローンの返済ができない」といったケースは、本格的な債務整理に入る前に、金融機関のリスケジュールや不動産の任意売却などで乗り切ることも視野に入れるとよいでしょう。

任意売却119番