任意売却という解決策

任意売却とは、住宅ローンや不動産を担保にした借入金を滞納した際に、競売を回避し少しでも自分に有利な方法で不動産売却を可能とする仕組みです。

金融機関等の債権者の合意のうえで不動産を売却し、返済しきれなかった債務を残したままで抵当権などを解除してもらいます。

住宅ローン滞納のゆくえ

住宅購入の際、返済可能と思われていた金額が、様々な状況の変化で住宅ローンの支払や不動産を担保にした借入金を返済できなくなった場合、債権者が担保不動産の競売を申立てることになります。

競売の申立てをされてしまうと、不動産など自己資産すべてを失ったうえに住宅ローンや借金の返済も残るという最悪の事態のもなりかねません。このような事態に陥る前に、一般の流通市場で買い手を探すことができるのが任意売却の仕組みです。
 

任意売却のメリット

任意売却を選んだ場合、競売の時よりも高く市場相場に近い価格で処理でき、売却後の債務がより少なくなります。

また、売る時に必要な諸費用や仲介手数料等は債権者から支払われ、原則として新たな資金の持出しの必要がないこと、債権者より引越費用等についての便宜や、残った債務の返済について柔軟な対応をとってもらえる場合もあります。

悩まず一日でも早く行動を起こしましょう

返済が長く滞ると「担保不動産競売開始決定通知」が届きます。まごまごしている内にあっという間に「入札期日」となってしまうでしょう。

返済が厳しいと感じたらすぐに行動に移すことが肝心です。

任意売却119番