リースバックとは?自己破産後も自宅に住み続ける方法

自己破産しても自宅から引っ越したくないという人もいます。この場合、まず現在の住まいが持ち家か賃貸かということが問題になります。

賃貸の場合の自己破産

住まいが賃貸住宅の場合は、自己破産してもそのまま住み続けることができます。ただし家賃の滞納があり、自己破産でその滞納分を借金として免責するよう申告する場合は、家主から出ていくよう言い渡される可能性があります。この場合は引っ越しが必要となります。

持ち家がある場合の自己破産

自己破産を申し立てる債務者が、自分名義の持ち家に住んでいる場合は、自己破産手続きにより家を手放し、出ていく必要があります。

とはいっても、自己破産を申し立てたらすぐに出ていかなければならないということではなく、任意売却や競売により購入者が見つかってから、ということになります

新しい住まいを探すくらいの時間的余裕はあるので安心できます。

現在の家に住み続ける方法

自己破産後も現在の自宅に住み続けるのは、たいへん難しいことですが、まったく不可能というわけではありません。

たとえば自己破産する人が売却する不動産を、親戚や友人が購入し、名義を書き換えたのちに賃貸するという方法があります。

こうすると自己破産した人は、毎月の家賃を払いながら、これまでの家に住み続けることができます。

これをリースバック(セールアンドリースバック)と言います。

最近は競売や任意売却で買い取った不動産を、そのまま本人に賃貸するビジネスもあります。

ローンを払う代わりに家賃を払うことになりますが、金額によっては同じところに住み続けるわけですから、それを希望する人にはありがたい仕組みといえます。

任意売却119番